口腔咽頭カンジタ症(のどのカンジタ菌感染)になるとどうなるの?



「カンジダ症」ときくと、膣カンジダ症が真っ先に思い起こす人が多いのではないでしょうか。

膣カンジダ症は、欧米の女性は一生のうちほとんどの人が一回はかかり、日本でも約20%の女性が経験するといわれます。 

膣カンジダ症とは

・症状としては膣のかゆみが特徴で、異常増殖した菌体を含んだ分泌物(白いオリモノ)があります。
・膣の中で菌糸形に増殖したカンジダ菌が、たんぱく分解酵素を分泌することで炎症が起こり、デリケートゾーンがひどくかゆくなるものです。
・ホルモンバランスの変化、寝不足、疲労、風邪、ステロイドの使用などによる免疫力の低下や、妊娠、しめつけの強い下着による蒸れなどの環境要因によって起こります。



カンジタ菌は性行為で相手から移る疾患として考えられていましたが、今では自分が腸内に持っているカンジダ菌が原因菌で起こることが知られています。

医師の診療を受け、処方された抗真菌薬を使うとほとんどの人が1週間以内に改善します。しかし、5%くらいの人が再発を繰り返すケースがあるため、症状が気になる方は、早めに専門医に相談することをお勧めします。


さて、ここからが本題の「咽頭カンジタ症(のどのカンジタ菌感染)」ですが、そもそもどのような病気なのでしょうか。


口腔咽頭カンジダ症とは

真菌に属する主としてカンジダ菌によって引き起こされる口腔および咽頭内の炎症性粘膜疾患です。HIV感染等による免疫不全患者、糖尿病のような慢性的な疾病を患っている患者さんいよくみられます。また、頭頚部がん患者の放射線治療中に発生するケースが多いことで知られています。



口腔咽頭カンジダ症の症状は

症状としては、ひりひりする痛みや灼熱感があります。また、味覚異常等をともない、偽膜性プラークや白斑、紅斑病変、口角炎等が見られます。
口腔咽頭カンジダ症の治療が適切に行われないと症状が食道に広がりる可能性があるため、早期治療が必要です。


まとめ
カンジタ菌は多くの方が保有している菌ですが、体調不良やストレスで菌が増殖し、症状が現れるケースもあるようです。一方、咽頭カンジタ症(喉のカンジタ菌感染)の場合、他の性感染症(エイズなど)を発症しているケースもあり、早めに診察を受けたほうがいいでしょう








性感染症が気になったら、早めに病院を受診しましょう



「通院に抵抗のある方」や「仕事が忙しくて病院にいけない」という方は、自宅でできる検査キットが通販で販売されています。価格も3000円程度からあります。


忙しくて病院に行けない…、
お医者さんに聞きづらい…、
パートナーに知られたくない…、


そんな悩みを抱えていると、毎日が不安です

実は私も不安になったことがあり、検査キットをネットで購入して調べました

結果は「だいじょうぶ」でしたが、念のため落ち着いてから病院にもかかりました

気持ちが落ち着いたことで、病院にも行きやすくなったのを覚えています

病院での検査費用と比べても負担になりませんので、早めに検査をし、毎日を安心して過ごす事ができるようにしましょう。





--------------------------------------------------------------------------------

【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!

◆性病検査 STDチェッカー◆

--------------------------------------------------------------------------------

STDチェッカー おすすめポイント
・匿名でできる性病検査、プライバシー重視で安心です。
・あなたとつながる、医療へつなぐ。丁寧なサポート体制があります
・登録衛生検査所、自社ラボで高水準の検査を実施しています。
--------------------------------------------------------------------------------


















posted by Office ISC at 11:03 | Comment(0) | カンジタ症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: